子宮がんには、子宮のどこにがんができるかによって、子宮けいがんと子宮たいがんにわかれます。

子宮たいがん

子宮がんには、子宮のどこにがんができるかによって、子宮けいがんと子宮たいがんにわかれます。どちらも不正出血などの初期症状の段階で早期発見できれば、その治癒の可能性が見込める病気です。ただし、手術によって子宮を失うことへの不安や失望、また術後の性生活への不安など、治療に当たっては、患者さんご本人だけでなく、ご主人やパートナー、ご家族の方々の物理的、精神的協力が不可欠です。

●子宮たいがんの進行度
1期・・・がんが体部にのみできた状態。
2期・・・がんが子宮体部と頸部にまでおよんでいる状態。
3期・・・がんが子宮外にまで広がるが、まだ骨盤内にとどまっている状態。
4期・・・膀胱粘膜や直腸粘膜にがんが広がっている。あるいは骨盤外にまで広がっている。まわりの臓器に転移したがんの状態。

●子宮たいがんの治療
同じ子宮がんでも、子宮けいがんの場合は、比較的放射線療法が有効であるのに対し、子宮たいがんは放射線療法があまり効きません。そのため手術が主となりますが、放射線療法に化学療法を加えて行われることもあります。

がんの治療には、子宮がんに限らず、手術療法、放射線療法、化学療法などがあります。いずれのがんにおいても、手術療法によってがんを取り除くことが治療の中心となります。それで取りきれてしまえば、がんを根治できるのですが、それはあくまでも早期発見が絶対条件となります。
がんが進行しており、手術では対応し得ない場合、あるいは体力のない人(老人など)や合併症のある人は手術を受けられません。そのような場合は、放射線療法や化学療法が治療法として選択されます。

関連ニュース

▲このページのトップへ