肺がんは症状がわかりにくいため、早期発見が難しいと言われています。 本人にもわかりにくく、自覚症状がないまま、悪化していくケースです。

スポンサードリンク

肺がんの初期症状

肺がんは症状がわかりにくいため、早期発見が難しいと言われています。
本人にもわかりにくく、自覚症状がないまま、悪化していくケースです。
検診のレントゲン写真で影が発見されれば、精密検査に進めるのですが、そうでないと、がんが進行してしまいます。
症状が出て、本人が気づいた時には、かなり状態が悪くなっている場合があります。

では、肺がんにかかった場合、初期でどのような症状が起こるのでしょうか。
まとめてみましたので、喫煙している方においては特に注意してチェックしてみて下さい。

まず、咳、血痰、胸の痛み、息切れ、そして疲れを感じます。
むくみ(顔など)が出て、食欲がなくなり、声がかれる、体重が減る、などがあげられます。
これを見ていると分かる人も多いでしょうが、風邪を引いたときの症状に良く似ていますね。
ですから、つい風邪と思ってしまって、ほっておいてしまう人もいると思います。
ですが、このような症状が出て、それが長引くようなら病院に行きましょう。

肺がんの症状は肺のどの部分に発生したかによって症状が変わってきます。
「肺門型」肺がんの症状としては、早期から咳やタンなどが出ますし、中には血痰が出る場合もあります。
この段階では、残念なことにレントゲン検査では写らないことが多く、発見しにくいと言います。
これが進行していくと「閉塞性肺炎」と言う肺炎にかかります。

では「肺野型」肺がんの症状は、どのようなものでしょか?
これは早期の段階では自覚症状が現れにくいので発見が遅くなりがちです。
がんが、肋骨や脊椎に移転すると、強い痛みが生じてきます。

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

肺がんの初期症状:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://3000mami.chicappa.jp/haigannshoki/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。