子宮がんには、子宮たいがんと子宮けいがんがありますが、いずれのがんにおいても代表的な初期症状のひとつに、「不正性器出血(ふせいせいきしゅっけつ)」があります。

不正性器出血

子宮がんには、子宮たいがんと子宮けいがんがありますが、いずれのがんにおいても代表的な初期症状のひとつに、「不正性器出血(ふせいせいきしゅっけつ)」があります。
不正性器出血といういのは、月経以外にみられる性器からの出血です。
この場合の性器とは、膣(ちつ)や子宮(しきゅう)などです。月経もこれらの性器からの出血のひとつですが、これは生理的なものです。
また、出血という場合、赤色や褐色、薄い赤などのおりもの(帯下(たいげ))も含まれます。
これは、子宮がんに限らず、何らかの病気のサインであることが多いので、異常な出血に気づいた場合は、ただちに専門の医師(婦人科)に受診すべきです。
不正性器出血からどのような病気の可能性があるかは、その女性の年齢や妊娠時か、非妊娠時かで異なります。
また、「不正」かどうかの判断は、素人には困難な面があります。次の場合の出血にはかならず医師の診断を受けましょう。
1、 月経の量がふだんよりも著しく多い場合。
2、 月経痛が激しい時。
3、 月経周期が大きく狂い、早い、あるいは遅く出血した場合。
4、 月経が長引くとき(8日以上続くとき)。
5、 通常の月経が終わったあとに、さらに出血があり、特に下腹痛を伴う場合。
6、 性交などの接触出血。
7、 閉経後の出血。
8、 妊娠中の場合・・・妊娠中の出血はとにかく一刻もはやく病院に行きましょう。また、流産、分娩(ぶんべん)後の出血も注意が必要です。
9、 妊娠してそれが胞状奇胎(ほうじょうきたい)だった場合に、妊娠中絶後2年以内に月経以外に出血があった場合。妊娠したものの、それが胞状奇胎の場合、それがもとで絨毛性(じゅうもうせい)のがんができることがあります。

スポンサードリンク


患者よがんと闘うな・文春文庫



関連ニュース

▲このページのトップへ